会社概要

HOME > 沿革

沿革

昭和26年4月1日 三重県津市八町二丁目1番10号に平松鉄工所を開設。 ミシン部品の製造を開始。
昭和32年4月 有限会社として発足。 紡織機械鋳物部品・呉羽ゴム工業(株)の機械加工・諸機械設計制作開始。
昭和35年 東海ゴム(株)の高圧ホース口金の加工開始。
昭和38年 富士電機製造(株)の部品加工開始。
昭和39年 移動式自動車洗車機「ポートワッシャー」を考案、試作開始。
昭和40年 移動式自動車洗車機の販売開始、実用新案登録される。
昭和41年3月15日 移動式自動車洗車機の発明に付き、NHK第7回全国発明コンクールに入賞表彰される。
昭和43年 日本鋼管(株)津造船所の部品加工開始。
昭和44年 観音寺工場、機械加工工場完成。
昭和45年 観音寺工場、製缶工場完成。全自動門型洗車機完成。移動式自動車洗車機の製造・販売台数1,000台突破。
昭和49年 ダンプカーシート自動開閉装置発案・製造開始。
昭和51年 津市雲出長常町1349に雲出工場完成。水産加工洗浄機完成・発売。
昭和52年 水産加工用太刀魚ハク取り機完成・発売。
昭和54年 八町工場から観音寺工場に本社移転。跡地はスイミングスクールとして別途発足。
昭和55年2月 全自動式つり下げ型自動洗車機完成・発売。
昭和57年1月 株式会社 平松鉄工所に改組。機械加工工場を雲出に移転。
昭和59年 雲出工場にNCプラノミラー(2mx8m)導入。NCフライス(0.5mx2m)導入。プレーナー(0.7mx2.4m)導入。
昭和60年5月 雲出マシニングセンター(MCV-630)導入。
昭和62年11月 本社工場にて車輛下部洗浄機完成、製造開始。
昭和63年4月 本社工場にて、株式会社バンザイ・株式会社イヤサカ取引開始。
昭和63年5月 車輛下部洗浄機販売開始。
平成2年8月 雲出工場にNC旋盤(MALC-8A)導入。
平成3年4月 株式会社 ヒラマツに改組。
平成3年11月 雲出工場屋外走行クレーン導入。
平成4年8月 雲出工場にNC旋盤(MALC-12A)導入。
平成6年7月 雲出工場に横型マシニングセンター(1.0m×1.0m)導入。
平成8年4月 本社工場にて1本ブラシ洗車機新型機開発。
平成10年6月 雲出工場に門型マシニングセンター(2.0m×4.0m)導入。
平成15年10月 雲出工場 隣地買収(4,000㎡)。
平成15年11月 カヤバ・マックグレゴー(株)の部品加工開始。
平成17年8月 雲出工場にNCプラノミラー(1.0m×6.0m)導入。
平成21年8月 NC高速プラズマ切断機TFPL3082導入。
平成25年8月 製造部門を雲出工場に集約し、機械装置部と鋼構造物製造部として組織。
平成26年8月 雲出工場に門型マシニングセンター(3m×6m)導入
平成27年4月 福祉事業部として「虹の夢 津」(特定施設入居者生活介護事業所)を開設。
グループ会社ウィズヒューマン発足、「トモニス」(就労継続支援A型事業所)を開設。

このページのトップへ